御朱印

奈良県東吉野村に鎮座する丹生川上神社中社の御朱印です

丹生川上三社めぐり

由緒

創建は古く、675年「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨(長雨の事)を止めむ」との御神教により創祀られ、雨師の明神、水神宗社として朝廷の崇敬は殊の外篤く「延喜式」には名神大社に列せられ、又平安時代中期以降は、祈雨の神として「二十二社」の一つに数えられました。

旧社格 官幣大社 二十二社 名神大社

主祭神:罔象女神

アクセス:無料駐車場あり