御朱印

奈良県田原本町に鎮座する村屋坐弥冨都比売神社の御朱印です

由緒

詳しい創建年代は不明ですが「延喜式」によると、673年の壬申の乱のとき村屋神が神主にのりうつって「わが杜の中を敵が来る。社の中つ道を防げ」と大海人皇子方の大伴連吹負将軍に軍備に対する助言をしました。この功績によって神社として初めて位を天皇から賜ったと日本書紀に記されていることから673年以前には創建されていると考えられます。

社格:旧県社、大神神社別宮

主祭神:三穂津姫命 配 大物主命

アクセス:駐車場なし