御朱印

奈良県桜井市に鎮座する平等寺の御朱印です

大和北部八十八ヶ所霊場 第八十一番

由緒

創建は581年に聖徳太子が賦徒を平定するため、三輪明神に祈願して賦徒平定後十一面観音を彫んで寺を建立し大三輪寺と称したのにはじまりました。鎌倉時代に僧慶円上人(三輪上人)を迎え、平等寺と改称され現在に至ります。

曹洞宗

本尊:十一面観音菩薩

本堂拝観は要予約

アクセス:駐車場なし