御朱印

奈良県明日香村に鎮座する飛鳥坐神社の御朱印です

飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社の御朱印もいただけます。

由緒

詳しい創建は不明ですが、社伝によると大国主神が国土を天孫に譲った際、天孫の守護神としてわが子の事代主神と妹の飛鳥神奈備三日女神の神霊を飛鳥の神南備に鎮座させたとされています。史実には686年に天武天皇の病気平癒の祈願のため、この日紀伊の国懸神社と摂津の住吉大社とともに飛鳥の四社(飛鳥神社)に幣帛を奉ったと記されています。

御祭神:事代主神、高皇産靈神、飛鳥神奈備三日女神、大物主神

 

アクセス:無料駐車場あり