御朱印

奈良県葛城市に鎮座する石光寺の御朱印です

「弥勒如来」

関西花の寺霊場 第二十番「阿弥陀如来」

傘堂の「阿弥陀如来」

期間限定で授与される「聖阿上人」

公開時限定「船乗観音」

公開時限定「白鳳弥勒佛」

沙羅双樹の時期限定の御朱印

6月限定の「役小角聖人」

由緒

この寺の草創は約1300年前、天智天皇(668~671在位)の勅願で建てられ、 役小角(えんのおづぬ)の開山と伝えられます。境内に奈良時代前期といわれる塔の大心礎があり、 平成3年には弥勒堂改築に伴う発掘調査の結果、日本最古の白鳳時代の石仏(当時の本尊)と他に瓦や仏せん(せんぶつ)が出土しました。

浄土宗

本尊:阿弥陀如来

アクセス:無料駐車場あり