御朱印

奈良県吉野町に鎮座する脳天大神 龍王院の御朱印です

由緒

脳天大神様は金峯山寺初代管長、故五條覚澄大僧正が霊威感得された頭脳の守護神です。覚澄大僧正はお瀧のある修行の場所を探し求められる中、現在、大神様が鎮座されている谷がその最適の場所であると考えられ、その後、行場の開発に取り組まれることとなりますが、その最中頭を割られた蛇に遭遇され、それを哀れに思われて丁寧に経文を唱えられ葬られました。その後、その蛇が何度も夢枕に立たれお礼を言われます。最期には「頭の守護神として祀られたし」と云う霊言を覚澄大僧正は聞かれ、現在の場所に祀られました。

アクセス:無料駐車場あり