御朱印

 

由緒

創建年代は不明ですが、御祭神はご本社の背後の美しい御歳山に お鎮まりになって、金剛山の扇状地にひらけた稲田を御守護された神であります。古くは神奈備(かむなび-神の鎮座する山や森)の御歳山に自然石の磐座(いわくら)をたて、神を迎えてお祀りするという古式の形式だったと思われます。現在の本殿は、春日大社の本殿第一殿を移築したものです。

主祭神:御歳神

アクセス:無料駐車場あり