御朱印

奈良県宇陀市に鎮座する室生寺の御朱印です

※その他御朱印は本堂奥の院でいただけます

本堂「悉地院」

西国四十九薬師霊場 第八番「薬師如来」

仏塔古寺十八尊霊場 第十八番「五秘密菩薩」

役行者霊蹟札所

奈良大和四寺巡礼

大和地蔵十福「如意地蔵尊」

平成28年秋のライトアップ期間に授与された「青龍」

平成29年秋のライトアップ期間に授与された「青龍」(甲骨文字)

室生龍穴神社の御朱印もこちらでいただけます

オリジナル朱印帳があります

平成29年春より新作の朱印帳が出ました

室生錦で作られた特大サイズ(20cm ×15cm)の朱印帳です

由緒

奈良時代末期、この地で皇太子山部親王(後の桓武天皇)のご病気平癒の祈願が5人の高僧によって行われ、これに卓効があったことから、勅命により国家のために創建されました。また女人高野と呼ばれていますが、高野山が女人禁制に対し、ここ室生寺は女人にも開いたことから呼ばれるようになりました。

真言宗室生寺派

本尊:釈迦如来(国宝)

アクセス:有料駐車場あり