御朱印

奈良県奈良市に鎮座する元興寺塔跡の御朱印です

大和北部八十八ヶ所第五番「南無佛」

由緒

門前に『史跡元興寺塔跡』の碑が立ち、仮堂と塔跡があります。1859年に焼失し現在は基壇と礎石を残すのみですが、その規模の大きさから興福寺の五重塔(約51m)をしのぐ高い塔が立っていたことが考えられます。

アクセス:無料駐車場あり