御朱印

奈良県奈良市に鎮座する新薬師寺の御朱印です

本尊「薬師如来」

梵字「薬師如来」

大和北部八十八ヶ所第八番「薬師如来」

西国四十九薬師霊場 第六番「薬師如来」

「御詠歌」

大和十三佛霊場

オリジナル朱印帳があります

由緒

747年、光明皇后が夫・聖武天皇の病気平癒のため新薬師寺を建て、七仏薬師像を造ったと伝わっていますが正確な由緒は不明です。十二神将で有名ですが、新薬師寺の十二神将は日本最古で最大の仏像となっており制作年代は奈良時代です。境内もかつては壮大な伽藍でしたが衰退し、当時のお堂は現本堂のみとなっています。

華厳宗

薬師如来坐像(国宝)

アクセス:無料駐車場あり