御朱印

奈良県奈良市に鎮座する空海寺の御朱印です

大和北部八十八ヶ所 第十四番

由緒

開基は空海で華厳宗大本山東大寺の末寺です。八宗兼学の伝統により、華厳宗と真言宗の二宗を受け継いでいます。唐から帰朝した空海が草庵を営み、自ら彫刻した秘仏「阿那地蔵尊」を堂内の石窟に安置、本尊としたのが寺の起こりとされています。 境内に東大寺の歴代僧侶と寺族の墓があります。

本尊:阿那地蔵尊

アクセス:無料駐車場あり