御朱印

奈良県大和郡山市に鎮座する慈光院の御朱印です

大和北部八十八ヶ所 番外

由緒

1663年大和小泉藩二代目藩主の片桐石見守貞昌(石州)が、初代藩主である父貞隆(慈光院殿雪庭宗立居士)の菩提寺として自分の領地内に、大徳寺185世玉舟和尚(大徹明應禅師)を開山に迎え建立した臨済宗大徳寺派の寺院です。寺院としてよりも境内全体が一つの茶席として造られているのが特徴で、大和三大庭園の一つに数えられています。

臨済宗大徳寺派

本尊:釈迦如来

アクセス:無料駐車場あり(車幅2.1m以下通行不可)