御朱印

奈良県明日香村に鎮座する定林寺の御朱印です

聖徳太子御遺跡 第九番

由緒

詳しい創建年代は不明ですが、奈良時代末期の記録には記載されていることからそれ以前の創建であることは分かります。発掘調査では7世紀前半には創建されていたと考えられています。現在ではお堂は本堂のみですが創建当時は法隆寺式伽藍であることも判明しています。

浄土宗

本尊:阿弥陀如来像

アクセス:駐車場なし