御朱印

橋本院の御朱印です

由緒

橋本院はかつてこの地にあった高天寺の塔頭寺院の一つです。高天寺は行基菩薩が718年に高天山登拝のため、この地を訪れた時に霊地であることを感じ創建しました。その後、聖武天皇発病の折、病気平癒を祈願し、天皇より山号をいただきます。さらに鑑真和上を住職に指名し、格式高い寺院となりましたがその後衰退し、現在では塔頭寺院の橋本院のみを残すことになりました。

高野山真言宗

本尊:十一面観音

アクセス:無料駐車場あり(狭路)