御朱印

奈良県奈良市に鎮座する聖光寺の御朱印です

大和二十五霊場 第二十四番

由緒

かつては元興寺塔頭の一庵であったと言われ、1197年に浄土宗第二世鎮西宗国・聖光上人が南都に来られこの地で草庵を結んで念仏道場としたことが始まりとされています。本尊:阿弥陀如来立像は平安期の作品とされます。

浄土宗

本尊:阿弥陀如来立像

アクセス:駐車場なし