御朱印

宮城県仙台市青葉区に鎮座する大崎八幡宮の御朱印です

オリジナル朱印帳があります

由緒

坂上田村麻呂は、武運長久を祈念すべく武門の守護神である宇佐八幡宮を現在の岩手県水沢市に勧請、鎮守府八幡宮を創祀しました。その後、室町時代に奥州管領大崎氏はこれを自領内の現遠田郡田尻町に遷祀し守護神として篤く崇敬した為、世に大崎八幡宮と呼ばれました。その後伊達政宗公が居城の玉造郡岩出山城内の小祠に御神体を遷し、現在の地に祀られました。

御祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后

アクセス:無料駐車場あり