御朱印

宮城県仙台市青葉区に鎮座する西方寺の御朱印です

本尊「定義如来」

「定義五重塔」

「御廟貞能堂」

オリジナル朱印帳があります

由緒

平重盛公(内大臣、小松殿)の重臣であった肥後守平貞能公は、平家が壇ノ浦の戦いに敗れた後も、平重盛公より託された阿弥陀如来の御霊像をまもり、源氏の追討をのがれてこの地に隠れました。

浄土宗鎮西派

本尊:阿弥陀如来(定義如来)

アクセス:無料駐車場あり