御朱印

奈良県奈良市に鎮座する元興寺の御朱印です

本尊「智光曼荼羅」

平成28年「慈悲万行」時に授与された御朱印です

「如意輪観音」

西国四十九薬師霊場  第五番「瑠璃光」

大和北部八十八ヶ所 第九番

大和地蔵十福「印相地蔵」

平成30年8月23・24日限定「印相地蔵」

ぼさつの寺めぐり「南無上宮太子」

平成30年末まで「創建1300年記念」

「佛法元興」

「智光曼荼羅」

オリジナル御朱印帳があります

由緒

元興寺は蘇我馬子が6世紀末、飛鳥に建立した日本最古の本格的寺院「法興寺(飛鳥寺)」が平城遷都に伴って718年に法興寺は現在の地に移転し元興寺と改めました。しかし飛鳥の法興寺も廃止されずに残りました。奈良時代には興福寺・東大寺と並ぶほどの寺域を誇っていました(現在のなら町ほぼ全域)が衰退し、現在ではお堂一つ残すのみとなりました。

真言律宗

本尊:智光曼荼羅(重要文化財)

アクセス:無料駐車場あり