御朱印

奈良県桜井市に鎮座する長谷寺の御朱印です

長谷寺ではその他に大講堂能満院普門院で御朱印がいただけます

西国三十三所 第六番「大悲閣」

西国三十三ヶ所(草創1300年記念印)

西国三十三ヶ所(月一参り限定印)

西国三十三所(江戸時代復刻御朱印)「十一面観音」

西国三十三ヶ所 御詠歌

草創1300年記念印

真言宗十八本山「大悲殿」

大和四寺巡礼「慈秘佛」

「十一面観音」

大和七福八宝めぐり「大黒天」

オリジナル御朱印帳あります(小サイズ)

由緒

創建は寺伝によると、686年日道明が初瀬山の西の丘(現在、本長谷寺と呼ばれている場所)に三重塔を建立、続いて727年、僧の徳道が東の丘(現在の本堂の地)に本尊十一面観音像を祀って開山したとされています。

真言宗豊山派総本山

本尊:十一面観音像(重要文化財)

アクセス:有料駐車場あり