御朱印

福井県勝山市に鎮座する平泉寺白山神社の御朱印です

由緒

717年、泰澄によって開かれました。その後延暦寺の勢力下に入り、霊応山平泉寺として知られるようになりました。白山信仰の越前側の禅定道の拠点(越前馬場)として、また朝倉氏の保護を受けていた室町時代後半の最盛期には巨大な宗教都市を形成しました。明治時代の神仏分離により神社のみを残しました。

主祭神:伊奘冊尊

アクセス:無料駐車場あり