御朱印

大阪府藤井寺市に鎮座する道明寺の御朱印です

印はありませんが、河内六観音霊場

聖徳太子御遺跡 第三番

由緒

道明寺は土師氏の氏寺土師寺として建立され、今の道明寺天満宮の前にありました。当時は七堂伽藍や五重塔のある大規模なものであったことが確認されています。 901年、大宰府に左遷される道真がこの寺にいた叔母の覚寿尼を訪ね「鳴けばこそ別れも憂けれ鶏の音のなからん里の暁もかな」と詠み、別れを惜しんだと伝えられています。明治時代の神仏分離令により道明寺天満宮と別れます。

真言宗御室派

本尊:十一面観音(国宝)

アクセス:無料駐車場あり