御朱印

高津宮の御朱印です

由緒

866年、勅命により難波高津宮の遺跡が探索され、その地に社殿を築いて仁徳天皇を祀ったのに始まります。1583年、豊臣秀吉が大坂城を築城する際、比売古曽神社の境内(現在地)に遷座し、比売古曽神社を当社の地主神として摂社としました。

主祭神:仁徳天皇

アクセス:駐車場なし