御朱印

京都府宇治市に鎮座する平等院の御朱印です

「鳳凰堂」

本尊「阿弥陀如来」

浄土院最勝院の御朱印はこちらではいただけません

※オリジナル朱印帳あり

由緒

9世紀末頃、光源氏のモデルともいわれる左大臣で嵯峨源氏の源融が営んだ別荘だったものが宇多天皇に渡り、天皇の孫である源重信を経て998年、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となりました。道長は1027年に亡くなり、その子の関白・藤原頼通は1052年に宇治殿を寺院に改め、これが平等院の始まりとされています。

単立

本尊:阿弥陀如来(国宝)

アクセス:民間の駐車場あり