御朱印

京都府京都市に鎮座する銀閣寺の御朱印です

由緒

室町幕府8代将軍足利義政は1473年に子の足利義尚に将軍職を譲り、 1482年から東山の月待山麓に東山山荘(東山殿)の造営を始めました。しかし1490年に死去した義政の菩提を弔うため東山殿を寺に改め、相国寺の末寺として創始されたのが慈照寺とされています。

臨済宗相国寺派

本尊:釈迦如来

アクセス:近辺に民間駐車場あり