御朱印

京都府京都市に鎮座する寂光院の御朱印です

由緒

創建は594年に、聖徳太子が御父用明天皇の菩提を弔うために建立されたと伝えられます。当初の本尊は、聖徳太子御作と伝えられる六万体地蔵尊でした。鎌倉時代に制作された旧本尊(重要文化財)は、2000年5月9日未明に発生した不慮の放火により焼損したため、現在は収蔵庫に安置され、現在は3代目の地蔵菩薩が本堂に祀られています。

天台宗尼寺

本尊:六万体地蔵菩薩

アクセス:近辺に民間駐車場あり