御朱印

京都府中京区に鎮座する頂法寺の御朱印です

西国三十三所 第十八番

通常の西国御朱印

草創1300年記念印入り

御詠歌(1300年記念印)

聖徳太子御遺跡 第二十五番

※オリジナル御朱印帳あり

由緒

淡路島に漂着した如意輪観音像を念持仏としていた聖徳太子は、587年、四天王寺建立の材木を求め、京都盆地を訪れました。太子が池で身を清めるにあたり、念持仏を木に掛けたところ動かなくなり、この地にとどまって人々を救いたいと太子に告げたため、六角形の御堂を建てて安置したといわれます。

単立

本尊:如意輪観音(秘仏)

アクセス:駐車場あり