御朱印

京都府京都市西京区に鎮座する善峯寺の御朱印です

西国三十三所 第二十番「大悲殿」

西国三十三所(草創1300年記念印)

洛西三十三所 第一番

薬師堂「出世瑠璃光」

由緒

善峯寺は平安中期の長元2年(1029)源算上人が小堂に御自作の千手観音を奉安して、阿智坂の法華院と号したのが始まりです。長久3年(1042)後朱雀天皇勅命により、洛東鷲尾寺の千手観音を遷座して本尊とされました。

善峰観音宗

本尊:十一面観世音菩薩(2体)

アクセス:有料駐車場あり