御朱印

京都府右京区に鎮座する広隆寺の御朱印です

「弥勒菩薩」

聖徳太子御遺跡 第二十四番

由緒

日本書紀によると創建は603年で京都府最古の寺院です。広隆寺と言えば半跏思惟像ですが、創建当初は本尊とされていました。しかし平安以降に薬師如来像を本尊としています(現在の本尊は聖徳太子像)。多くの文化財指定を受けている仏像を安置しており、京都を代表する寺院です。

真言宗単立系

本尊:聖徳太子像

アクセス:無料駐車場あり