御朱印

和歌山県和歌山市に鎮座する紀三井寺の御朱印です

西国三十三所 第二番

「救世殿」

草創1300年記念印

「御詠歌」

昭和初期の古い御朱印です

由緒

紀三井寺は、今からおよそ1230年前、光仁天皇の宝亀元年(770)、唐僧・為光上人によって開基されました。上人は、この地こそ観音慈悲の霊場、仏法弘通の勝地なりとお歓びになり、十一面観世音菩薩像を、自ら一刀三礼のもとに刻み、一宇を建立して安置されました。それが紀三井寺の起こりとされています。

救世観音宗 総本山

本尊:十一面観音(秘仏)

アクセス:有料駐車場あり