御朱印

京都府北区に鎮座する大徳寺本坊の御朱印です

由緒

鎌倉末期、宗峰妙超が紫草の繁る洛北の野原に大徳という小庵を開創しました。厳しい宗風をもった宗峰の学徳は次第に世に知られ、この小庵は花園・後醍醐両天皇の帰依をうけ勅願所となり、1326年の法堂完成と同時に現在の大徳寺となりました。

臨済宗大徳寺派

本尊:釈迦如来

アクセス:有料駐車場あり(2時間まで500円)