御朱印

京都府右京区に鎮座する仁和寺の御朱印です

「旧御室御所」

真言宗十八本山 「阿弥陀如来」

毎月8日限定「薬師如来」

※オリジナル朱印帳あり

由緒

仁和寺は光孝天皇が着工し、888年宇多天皇が先帝の意思を継がれ完成させました。宇多天皇は退位後、出家して仁和寺を住房とされ、真言密教の修行に励まれました。以来、明治まで皇子皇孫が仁和寺の門跡となられ繁栄しました。

真言宗御室派総本山

本尊:阿弥陀如来

アクセス:有料駐車場あり