御朱印

京都府京田辺市に鎮座する観音寺の御朱印です

南山城古寺巡礼「十一面大悲殿」

由緒

天武天皇の勅願により義淵僧正が創建しました。その後、聖武天皇の御願により良弁僧正が伽藍を増築し、息長山普賢教法寺と号し、十一面観音立像を安置したといわれています。戦火により多くの堂宇を失い、現在は本堂のみ再建され現在に至ります。

真言宗智山派

本尊:十一面観音立像(国宝)

アクセス:無料駐車場あり