御朱印

京都府伏見区に鎮座する長円寺の御朱印です

閻魔札朱印(秋・冬)

由緒

当寺は阿弥陀如来を本尊とする浄土宗の寺院で、大阪から京都に向かう京街道の途中、淀の入口に建立されました。幕末の鳥羽伏見の戦いでは、当寺は新撰組など幕府軍の野戦病院として使用されたことから新撰組ゆかりの寺院として有名です。

浄土宗

本尊:阿弥陀如来

アクセス:駐車場なし