御朱印

大阪府河内長野市に鎮座する極楽寺の御朱印です

由緒

創建年は不明ですが、推古天皇の時代、天皇の病気平癒を願った聖徳太子が、この地に生えていた杉の根元に湧く霊水を京都へ持ち帰って、天皇に差し上げたところ病気が治ったことから、太子が薬師如来を刻み「温泉寺」という名の寺をこの地に建立したのが始まりとされています。

融通念仏宗中本山

本尊:阿弥陀如来

アクセス:無料駐車場あり