御朱印

兵庫県宝塚市に鎮座する清荒神清澄寺の御朱印です

摂津国八十八ヶ所 第七十二番「大日如来」

「清荒神王」

由緒

平安時代の初め、宇多天皇の創意による理想の鎮護国家、つまり諸国との善隣友好を深め戦争のない平和社会、万民豊楽の世界を開く勅願寺の一つとして創建されました。天皇は讃岐国の名工、定円法眼に命じて曼陀華の香木で本尊大日如来像を刻ませ、896年に、叡山の高僧静観僧正を迎え、開山の祖としました。

真言三宝宗 大本山

本尊:大日如来

アクセス:有料駐車場あり