御朱印

大阪府太子町に鎮座する叡福寺の御朱印です

聖徳太子御遺跡 第六番

仏塔古寺十八尊霊場 第二番

由緒

日本書紀には推古30年(622)聖徳太子没後、その遺命により此所磯長里に葬られたと記されています。推古天皇により太子廟の香華所として僧坊が置かれたのを当寺の始まりとし、聖武天皇の勅願により七堂伽藍が整備されました。

真言宗系単立

本尊:如意輪観世音菩薩

アクセス:無料駐車場あり