御朱印

奈良県明日香村にある古墳の御朱印です。

牽牛子塚古墳についてはこちら→牽牛子塚古墳

越塚御門古墳についてはこちら→越塚御門古墳

令和4年3月6日限定「牽牛子塚古墳・越塚御門古墳」

由緒

牽牛子塚古墳(けんごしづか)は明日香村にある古墳時代末期の古墳(八角形墳)で、別名「御前塚」「あさがお塚古墳」と呼ばれています。築造年代については出土遺物等から7世紀後半頃と考えられ、被葬者については古代天皇家墳墓の象徴である八角形の墳丘や古墳の立地や歯牙等から斉明天皇と間人皇女の合葬墓と考える説が有力です。

牽牛子塚古墳についてはこちら→牽牛子塚古墳

越塚御門古墳についてはこちら→越塚御門古墳

アクセス:無料駐車場あり(道の駅飛鳥駅、またはアグリステーション飛鳥)